会社案内Company

Health & Beauty Innovations
佳秀工業株式会社のヘルスケア事業部です。
健康と美容に役立つ安全な製品をみなさまにお届けします。

  1. ごあいさつ

  2. 会社概要

    会社概要

  3. ストーリー

    ストーリー|佳秀工業の“ものづくり”

  4. アクセス

    ヘルスケア事業部へのアクセス

  1. 非分解・純度100%の国産生エキス「バージンプラセンタ®」

  2. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  3. 化粧品原料メーカーが線維芽細胞に着目した肌質改善に必要なプラセンタエキスの品質をご紹介します【佳秀バイオケム】

  4. プラセンタは安全なのか?E型肝炎ウイルスに対する安全性への取組

  5. プラセンタエキスの化粧品・健康食品原料メーカー一覧 国産の豚プラセンタエキスを製造

  6. プラセンタエキスの化粧品・健康食品原料メーカーを選ぶ際のポイント 化粧品・健康食品を販売するなら品質もチェック!

  7. 豚プラセンタエキス(原料)の抽出・製造方法 化粧品や健康食品に使われる国産のプラセンタについて

  8. 胎盤に含まれる豊富な成分|ペプチド型ホルモンの意義とは?

  9. プラセンタ(原料)について 国産プラセンタの品質と原料開発のこだわり 健康食品や原液美容液などの化粧品に活用可能

  10. 豚プラセンタエキス(原料)ならお任せ!そもそもプラセンタの種類とは? プラセンタ原液を使用した化粧品・医薬部外品

  11. プラセンタの原料は?歴史と栄養成分について 国内メーカー製造のプラセンタ

  12. 意外としらない神秘の臓器プラセンタの食に関する歴史

  1. 化粧品OEM|エビデンス豊富な独自原料バージンプラセンタ®エキス配合をおすすめ

  2. 化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

  3. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  1. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  2. 働く女性の美容ケアについての調査|サプリメントの需要とは?

  1. リコピンやβ-カロテンだけではない!トマトには消化吸収エネルギーとして使われるグルタミン酸も豊富に含まれている

  2. 【おうち時間】甘み凝縮。セミドライトマトのオリーブ漬けを活用した料理

  3. 花粉症の悩みを解消!?効果的な食べ物〜ミント編〜

  4. 日本に多いスギの木|実際に行なったスギ花粉症の対策

  1. 化粧品原料メーカーが線維芽細胞に着目した肌質改善に必要なプラセンタエキスの品質をご紹介します【佳秀バイオケム】

  2. 使用場面に合わせた日焼け止めの選び方と落とし方!日焼けのケアにおすすめしたいバージンプラセンタ

  1. 化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

  1. 40〜50代女性の薄毛に関する調査|最も多い髪の毛の悩みは「薄毛」と「白髪」という結果に

  2. エイジングケアに関する調査|プラセンタをエイジングケアとして利用したことがある女性はおよそ2人に1人!?

  3. 働く女性の美容ケアについての調査|サプリメントの需要とは?

  4. 美容成分の利用意向率と利用経験率|女性がプラセンタに求める効果は●●!

  5. サプリメント素材の利用意向率と利用経験率|女性が期待する効果とは?

国産の豚プラセンタエキスはどのように抽出し、製造されているのか、化粧品に使うにはどのようなプラセンタが良いのかという疑問にお答えすべく、豚プラセンタエキス(原料)の抽出・製造方法について解説します。また、佳秀バイオケムが提供している液状プラセンタについても併せてご紹介します。

国産プラセンタ(原料)の主な抽出・製造方法

ポイント

プラセンタは何の原料として使われているのか、またどのように抽出・製造されているのかをお伝えします。

プラセンタは化粧品やサプリメントの原料として!

プラセンタが日本で広く知られるようになったのは、第二次世界大戦末期。プラセンタが配合された飲むタイプの栄養剤が開発され、全国で販売されたことがきっかけです。

現在では、プラセンタを原料とした化粧品や医薬部外品、サプリメントなど様々な製品が作られています。国産のプラセンタ(原料)の中でも、最もポピュラーなのが豚プラセンタエキスです。豚プラセンタは安定して採取することができるため人気があります。

プラセンタの主な抽出方法・製造方法

プラセンタエキスはプロテアーゼによる酵素分解という方法で抽出されるものが多くあります。

この抽出法は効率よくアミノ酸などの栄養成分を得ることができ、得られたエキスは食品、化粧品、医薬品に配合されます。

しかし、機能性たんぱく質やペプチドホルモンなど生理活性を持つものまで分解して栄養成分にしてしまうというデメリットもあります。

一方、凍結融解法という細胞中の液を抽出する方法もあります。胎盤から20~30%しかエキスは得られず希少なものですが、機能性を持つたんぱく質やペプチドの生理活性を失いにくい抽出方法です。得られたエキスは肌改善のために化粧品に配合されます。

佳秀バイオケムが実施している抽出方法&化粧品にも使われる液状プラセンタ

試験管を持つ手

佳秀バイオケムがお届けしている豚プラセンタエキスはどのように抽出しているのか、また液状プラセンタとはどのようなものなのかを解説します。

抽出技術や機器について

佳秀バイオケムの豚プラセンタエキスは、素材本来の力を最大限に活かすため、一つひとつ丁寧に成分を抽出し、独自の技術であるHCP法(高濃度細胞液精製法)を採用して生産しています。これにより、プラセンタの有効成分を余すことなく精製することができ、類まれな高濃度プラセンタエキスが実現しました。

機器については、社内のエンジニアリング部門と連携し、特注のフリーズドライ装置を作りました。その他にも濾過器や恒温槽など、道具も社内で作ったものを使用しています。

また、クラス100~100,000(1㎥中に含まれる0.1μm以上の微粒子数の個数)のクリーンルームは業界トップクラスの設備であり、そこで製造や充填を行っています。

液状プラセンタについて

液状のプラセンタエキスは、主に化粧品や医薬部外品の原料として利用されることが多いです。配合時のハンドリングの良さや、厚生労働省による医薬部外品原料規格に液状のものとして収載されているためです。

一方、粉末状のものは健康食品の原料として使われることが多いです。粉末剤はハードカプセルやソフトカプセルなどの限られた体積のカプセル剤に入れるのに向いています。

国産の豚プラセンタエキスなら佳秀バイオケムへ

プラセンタは、様々な化粧品やサプリメントの原料として使用されています。佳秀バイオケムが製造しているプラセンタには液状のものと粉末状のものがあり、化粧品には液状のものを、サプリメントには粉末状のものをおすすめしています。

鮮度にこだわった高濃度の豚プラセンタエキスを、ぜひ化粧品やサプリメント商品にお役立てください。佳秀バイオケムでは厳選した国産の原料を用いて、高濃度なバージンプラセンタエキス(原料)を製造しています。新鮮な豚プラセンタエキスをお探しの方は、ぜひご相談ください。