会社案内Company

Health & Beauty Innovations
佳秀工業株式会社のヘルスケア事業部です。
健康と美容に役立つ安全な製品をみなさまにお届けします。

  1. ごあいさつ

  2. 会社概要

    会社概要

  3. ストーリー

    ストーリー|佳秀工業の“ものづくり”

  4. アクセス

    ヘルスケア事業部へのアクセス

  1. 非分解・純度100%の国産生エキス「バージンプラセンタ®」

  2. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  3. 化粧品原料メーカーが線維芽細胞に着目した肌質改善に必要なプラセンタエキスの品質をご紹介します【佳秀バイオケム】

  4. プラセンタは安全なのか?E型肝炎ウイルスに対する安全性への取組

  5. プラセンタエキスの化粧品・健康食品原料メーカー一覧 国産の豚プラセンタエキスを製造

  6. プラセンタエキスの化粧品・健康食品原料メーカーを選ぶ際のポイント 化粧品・健康食品を販売するなら品質もチェック!

  7. 豚プラセンタエキス(原料)の抽出・製造方法 化粧品や健康食品に使われる国産のプラセンタについて

  8. 胎盤に含まれる豊富な成分|ペプチド型ホルモンの意義とは?

  9. プラセンタ(原料)について 国産プラセンタの品質と原料開発のこだわり 健康食品や原液美容液などの化粧品に活用可能

  10. 豚プラセンタエキス(原料)ならお任せ!そもそもプラセンタの種類とは? プラセンタ原液を使用した化粧品・医薬部外品

  11. プラセンタの原料は?歴史と栄養成分について 国内メーカー製造のプラセンタ

  12. 意外としらない神秘の臓器プラセンタの食に関する歴史

  1. 化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

  2. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  1. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  2. 働く女性の美容ケアについての調査|サプリメントの需要とは?

  1. リコピンやβ-カロテンだけではない!トマトには消化吸収エネルギーとして使われるグルタミン酸も豊富に含まれている

  2. 【おうち時間】甘み凝縮。セミドライトマトのオリーブ漬けを活用した料理

  3. 花粉症の悩みを解消!?効果的な食べ物〜ミント編〜

  4. 日本に多いスギの木|実際に行なったスギ花粉症の対策

  1. 化粧品原料メーカーが線維芽細胞に着目した肌質改善に必要なプラセンタエキスの品質をご紹介します【佳秀バイオケム】

  2. 使用場面に合わせた日焼け止めの選び方と落とし方!日焼けのケアにおすすめしたいバージンプラセンタ

  1. 化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

  1. 40〜50代女性の薄毛に関する調査|最も多い髪の毛の悩みは「薄毛」と「白髪」という結果に

  2. エイジングケアに関する調査|プラセンタをエイジングケアとして利用したことがある女性はおよそ2人に1人!?

  3. 働く女性の美容ケアについての調査|サプリメントの需要とは?

  4. 美容成分の利用意向率と利用経験率|女性がプラセンタに求める効果は●●!

  5. サプリメント素材の利用意向率と利用経験率|女性が期待する効果とは?

よくある質問

豚プラセンタはほかのものと何が違うのでしょうか?

ブタプラセンタは医薬部外品原料規格に収載されており、効能が認められていますが、他の種は収載されていません。

貴社で取り扱っているのは液状のプラセンタかと思いますが、プラセンタは液状・粉末状…

Q.「貴社で取り扱っているのは液状のプラセンタかと思いますが、プラセンタは液状・粉末状にはどのような違いがあるのでしょうか。」

A. 液状のプラセンタエキスは主に化粧品・医薬部外品原料のものが多いです。配合時のハンドリングのよさや厚生労働省による医薬部外品原料規格に液状のものとして収載されているためです。一方、粉末状のものは健康食品の原材料のものが多いです。粉末剤はハードカプセルやソフトカプセルなどの限られた体積のカプセル剤に入れるのに好都合です。

試作をお願いしたい場合に費用はかかりますか?

ご依頼内容によって異なります。
OEMとしてすぐにご提供可能な標準仕様の基礎化粧品ラインナップもございます。
詳しくはお問い合わせください。

化粧品製造の最小ロットはいくつからですか?

最小で300個です。
詳しくはお問合せください。

商品化までの日数を教えてください。

商品化したいものによってその日数は異なります。当社で既に開発・製造したものであれば受注から1箇月程度で製品化できるものもありますし、新規案件につきましては処方・原料によっては2、3年を要することもあります。

使いたい原料があるのですが、それを配合することはできますか?

原則、可能と考えておりますが、配合することによる製品への影響を確認する必要があります。

容器やパッケージなどの資材はどうしたらいいのですか?

お客様よりご支給いただいたものを使用することもできますし、我々に任せていただき、共に製品を造るお手伝いをさせていただくことも可能です。