会社案内Company

Health & Beauty Innovations
佳秀工業株式会社のヘルスケア事業部です。
健康と美容に役立つ安全な製品をみなさまにお届けします。

  1. ごあいさつ

  2. 会社概要

    会社概要

  3. ストーリー

    ストーリー|佳秀工業の“ものづくり”

  4. アクセス

    ヘルスケア事業部へのアクセス

  1. 非分解・純度100%の国産生エキス「バージンプラセンタ®」

  2. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  3. 化粧品原料メーカーが線維芽細胞に着目した肌質改善に必要なプラセンタエキスの品質をご紹介します【佳秀バイオケム】

  4. プラセンタは安全なのか?E型肝炎ウイルスに対する安全性への取組

  5. プラセンタエキスの化粧品・健康食品原料メーカー一覧 国産の豚プラセンタエキスを製造

  6. プラセンタエキスの化粧品・健康食品原料メーカーを選ぶ際のポイント 化粧品・健康食品を販売するなら品質もチェック!

  7. 豚プラセンタエキス(原料)の抽出・製造方法 化粧品や健康食品に使われる国産のプラセンタについて

  8. 胎盤に含まれる豊富な成分|ペプチド型ホルモンの意義とは?

  9. プラセンタ(原料)について 国産プラセンタの品質と原料開発のこだわり 健康食品や原液美容液などの化粧品に活用可能

  10. 豚プラセンタエキス(原料)ならお任せ!そもそもプラセンタの種類とは? プラセンタ原液を使用した化粧品・医薬部外品

  11. プラセンタの原料は?歴史と栄養成分について 国内メーカー製造のプラセンタ

  12. 意外としらない神秘の臓器プラセンタの食に関する歴史

  1. 化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

  2. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  1. プラセンタエキスの乾燥にも!熱に弱い素材に適したフリーズドライ製法の3大メリットとは?

  2. 働く女性の美容ケアについての調査|サプリメントの需要とは?

  1. リコピンやβ-カロテンだけではない!トマトには消化吸収エネルギーとして使われるグルタミン酸も豊富に含まれている

  2. 【おうち時間】甘み凝縮。セミドライトマトのオリーブ漬けを活用した料理

  3. 花粉症の悩みを解消!?効果的な食べ物〜ミント編〜

  4. 日本に多いスギの木|実際に行なったスギ花粉症の対策

  1. 化粧品原料メーカーが線維芽細胞に着目した肌質改善に必要なプラセンタエキスの品質をご紹介します【佳秀バイオケム】

  2. 使用場面に合わせた日焼け止めの選び方と落とし方!日焼けのケアにおすすめしたいバージンプラセンタ

  1. 化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

  1. 40〜50代女性の薄毛に関する調査|最も多い髪の毛の悩みは「薄毛」と「白髪」という結果に

  2. エイジングケアに関する調査|プラセンタをエイジングケアとして利用したことがある女性はおよそ2人に1人!?

  3. 働く女性の美容ケアについての調査|サプリメントの需要とは?

  4. 美容成分の利用意向率と利用経験率|女性がプラセンタに求める効果は●●!

  5. サプリメント素材の利用意向率と利用経験率|女性が期待する効果とは?

ヘアケア化粧品OEM

化粧品開発者に質問!アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリット5つ

ハリやツヤがある髪の毛は若々しく、ボリュームがある髪の毛はイキイキととした印象を与え、髪の毛は女性の見た目に大きく影響しています。しかし、年を重ねるに連れて、薄毛に悩む女性は増えています。佳秀バイオケムが2018年10月に行った、全国の40代~50代の女性(1,103人)を対象とした「女性の薄毛に関する調査」では、約3人に1人が薄毛に悩んでいることがわかりました。

女性の薄毛については様々な原因がありますが、血行不足や頭皮や毛髪への栄養不足による薄毛の場合は、育毛剤を検討される方もいらっしゃると思います。女性用の育毛剤にも様々な種類のものがありますが、頭皮や毛髪へ直接塗布するものなので配合成分の影響について気になる方が多いのではないかと思います。

今回は化粧品開発を行っている山川雅之
育毛剤で使用されることの多い成分アルコール(エタノール)について

実際に育毛剤を検討している方を想定した質問

を行いました!

質問項目

  1. エタノールの頭皮への影響
  2. エタノールを育毛剤に配合する目的
  3. エタノール配合によるその他のメリット

エタノールの頭皮への影響

Q:私は今、そろそろ育毛剤を検討しようと思っていますが、いろいろ調べてみるとアルコールフリーを謳っている育毛剤があります。アルコールは頭皮によろしくないのでしょうか。

A:多くの人にとっては悪い物質ではありません。しかし、稀に化粧品でよく配合されているアルコールであるエタノールとの相性が良くない方もいます。エタノールによる接触皮膚炎、蕁麻疹、アレルギーなどで炎症を起こす方たちです。

接触皮膚炎であれば低濃度のエタノールの化粧品には反応が出ないことがありますが、アレルギーであれば低濃度であっても炎症を起こしてしまいます。アレルギーの場合はエタノールの代謝物であるアルデヒドが原因物質であると言われています。体内でエタノールはアルデヒドに代謝され、その後、アルデヒド脱水素酵素の作用により酢酸に代謝を経て炭酸や水となって排出されます。

特に日本人の中にはお酒で悪酔いをしてしまう方がいますが、これはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱く体内にアルデヒドが蓄積されるためです。アルデヒドは人体にとって有害な物質であり、エタノールはアルデヒドの発生源となります。

エタノールを育毛剤に配合する目的

Q:多くの人には悪い物質ではないとのことですが、少数の人たちにとって有害な可能性があるようなエタノールをなぜ育毛剤に配合するのですか。

A:育毛剤や化粧品に配合されるほとんどの成分は、ある方にとっては非常に有用な成分であっても、別の方にとってはアレルギーを引き起こす成分であったりします。エタノールも例外ではないというだけの話です。

市販の育毛剤にはエタノールを配合しているものが非常に多くみられます。それは多くのメーカーがエタノールの配合が育毛剤として有用であると考えているからです。
アルコールフリーを謳っている育毛剤は、エタノールに対して接触皮膚炎などを起こしてしまう方たちのために開発されたのではないでしょうか。そのような製品も大切であると思います。

Q:エタノールが育毛剤にとってどのように有用なのですか。

A:まずは直接的なところからですが、脂漏を伴う男性にエタノールを外用すると、急速な増毛の傾向がみられることがあります。

「社団法人 毛髪科学協会」の発行する書籍には、それはエタノールの殺菌、浄化作用によるものであるとのことです。脂漏性皮膚炎が軽快して血管拡張作用が働いたと考えられるそうです。但し、エタノールだけでは長期的な増毛効果はないとのことです。

Q:アルコールフリーを謳っている育毛剤にもエタノールのような増毛効果はありそうですか?

A:殺菌という意味ではエタノールフリー育毛剤にも別の殺菌剤を配合して効果を出しているものがあるかもしれません。しかし、育毛剤はシャンプー・リンスのように洗い流すものではないため、育毛剤の成分は頭皮に残りやすくなります。化粧水などを使用する方の皮膚でパラベンなどの防腐剤が残存していることが検証されていますが、殺菌剤もパラベンと分子構造が似ているものも多く、肌に残存することが予想されます。また、パラベンとは異なる構造を持つ塩化ベンザルコニウムのようなカチオン系殺菌剤は菌だけでなく人の細胞も直接攻撃するものでありますので、頭皮のようなデリケートなところにはあまり使いたくないでしょう。

ところがエタノールは殺菌作用があるにもかかわらず頭皮につけた後乾いてしまうと揮発してしまいますので皮膚に残りません。エタノールを配合しない育毛剤はどうしても防腐剤の配合が必要となりますが、エタノール配合育毛剤はエタノールの防腐効果のため防腐剤を配合する必要はありません。頭皮に残すべきものだけを残したいという開発者の思いが育毛剤にエタノールを配合しているのかもしれません。

エタノール配合によるその他のメリット

Q:殺菌剤は一般的に揮発しないから皮膚に残るけどエタノールは殺菌という大切な役割を終えて揮発してなくなるから皮膚に悪影響を与えにくいのですね。

A:そうです。エタノールの揮発性はそれとは別のことにも育毛剤の機能として大切な役目を果たしています。

頭皮には毛髪が生えていますね。そこが化粧水を適用する肌とは大きく異なるところです。肌や頭皮にはいつまでも保湿感やしっとり感を残したいものですが、特に育毛剤を使用する方は使用後にいつまでも毛髪がべたべたする状態を嫌うと思います。化粧水などは、保湿等の目的でBG(ブチレングリコール)やポリグリセリン等の多価アルコール類を配合しますが、これらは皮膚にはよくなじみますが不揮発性のため毛髪に付着するとべとべと感が残ります。エタノールの場合は毛髪に残りにくいためべたべた感は残りませんので、毛髪にとっては非常に有用です。

Q:エタノールは揮発してよく乾くことはわかりますが、頭皮や毛髪にも保湿が必要ではないでしょうか。

A:おっしゃる通りです。エタノールにはさらに別に育毛剤として重要な働きをします。それは浸透性です。

例えば毛穴は非常に開口部が小さく細い穴になっていることは何となく想像していただけるかと思います。そして水滴より小さな開口部の穴に水滴を落としても穴の中までは水が入らないことも想像していただける方も多いと思います。これは水の表面張力が高いことに起因します。

【表面張力の実験】
写真のように試料(①水、②エタノール/水(1:1)混液、③エタノール)を準備しました。それぞれの試料をを小瓶の口から入れてみます。
【結果】
①水は瓶の口部に半球状にまとまって、瓶中に入らなかった様子がうかがえます。これは表面張力が高い液体の現象です。
②エタノール/水(1:1)混液についてもエタノールは水と混合することで水の表面張力を劇的に減少させてしまいますので、小瓶の中に入っていきます。
③エタノールは表面張力が低いので小瓶にスムーズに入っていきます。

同様に育毛剤にエタノールを配合することでより毛穴に入りやすくなり、水分と水に溶け込んだ養分(NMF(Natural Moisture Factor)ヒアルロン酸等)の保湿成分を毛根まで届けやすなります。また、毛髪にも損傷による毛髪メラニンホールなどの小さな孔があり、そのようなところにも保湿成分や毛髪補修成分を届けやすくする働きがあります。

つまり、エタノールの育毛剤への配合は使用時のべたつきを抑えつつ、頭皮や毛髪へ保湿成分等を運ぶ役割をします。

【アルコール(エタノール)配合の育毛剤のメリットまとめ】
①頭皮を清浄にして増毛効果を促す
②頭皮に残存しない防腐剤としてはたらく
③べたつく使用感を抑える
④保湿成分などの養分を毛根に届けやすくする
⑤毛髪メラニンホールなどへ保湿・補修成分を届けやすくする

エタノールに対して特に問題がない方には、私はエタノール配合の育毛剤をお勧めしています。

以上、アルコール(エタノール)配合の育毛剤についての質問でした。

佳秀バイオケムでは臨床試験や細胞試験を行っており、女性の育毛に関わる有効性を確認したスカルプ用のプラセンタエキス(原料)を取り扱っています。また、このプラセンタエキスを使用した「スカルプ美容液(養毛剤)」「スカルプ美容液(フケ対応として)」の化粧品OEMも承っています。

■スカルプ美容液(養毛剤)
高い保湿力のバージンプラセンタ®エキスで硬くなった頭皮を保湿効果でやわらげて、また、毛髪の補修効果により髪にハリコシを与え、つややかにします。

■スカルプ美容液(フケ対応として)
高い保湿力のバージンプラセンタ®エキスで頭皮の環境を整えてフケを抑えます。また、髪の補修効果により髪に強いコシを与えます。

サンプルもご用意していますので、お問い合わせください。