会社案内Company

Health & Beauty Innovations
佳秀工業株式会社のヘルスケア事業部です。
健康と美容に役立つ安全な製品をみなさまにお届けします。

  1. ごあいさつ

  2. 会社概要

    会社概要

  3. ストーリー

    ストーリー|佳秀工業の“ものづくり”

  4. アクセス

    ヘルスケア事業部へのアクセス

佐藤 秀弥 Hideya Sato

つくるひと。

はじめてバージンプラセンタエキスを見たとき黄金色のエキスの綺麗さにとても感動しました。
私たちの製品は、すごく手間暇かけて作っています。
じっくり時間をかけ、丁寧につくるからこそ、こんなに綺麗で品質の良いものができあがるのだと思いました。
こんなに「丁寧に」何かをつくるということは今までにはなかったのですが、異業種から初めて製造の世界に入ってきて、良いものをつくるためにはこの「丁寧さ」が必要だということを知りました。
そういったことから、「丁寧さ」はどんな時でも意識しています。

そこから、やはり「丁寧さ」はどんな時でも意識しています。
前提としてある製造に関わるスタッフ全員で衛生面や品質を守ることはもちろんのことですが、作業工程の一つ一つにおいて、細かい点まで気を配りミスが無いようにすることを意識しています。
例えば、必ず「見る」ということです。作業や工程に慣れてくると、ついつい流れ作業になりがちです。
ですが、原料を扱う時、器具や機械を操作するときは、性状の変化や物の動きを確認するためにきちんと「見る」(目視する)ことを意識しています。
製造に関わるスタッフからはよく“細かい”と言われます。
「記録した?」
「ここ汚れ落ちていないよ!」
「洗い残しがないか隅々までチェック!」
「服はきれいに畳む!」
そんなところが細かいと言われる所以かもしれません。

あの「感動」を忘れず、良いものを良いままに

製造は、一週間単位の製造計画に基づき、曜日・時間ごとに定められた工程を実施。SOP(標準作業手順書)に従い、記録を徹底しています。
製造をするにあたって、工程ごとにたくさんの記録・洗浄・清掃がありますが、大変だと思ったことはありません。
衛生面に関しては手を抜けない部分なので、その管理の比重は大きいです。
製造する上で、使用した道具や器具、製造環境を洗浄・清掃するという作業が必ずあります。
1日の工程の中で4割近くは、その衛生管理と環境管理ということになります。
そこを徹底していくことが、安心・安全な製品づくりだと思っています。
良いものを良いままに変わらずにつくっていくことで、より良い商品を必要としている人に届けたいです。


佐藤 秀弥(さとう ひでや)
1978年生まれ。A型、長男。山口大学工学部社会建設工学科卒業。
前職は異業種で多くの人と関わる仕事をやっていたが、当社の新規事業内容に惹かれ、電撃移籍を決意。2014年入社。
趣味はいろんな国の美味しいビールを探すこと。